「ほっ」と。キャンペーン

韓国強制併合100年、植民地支配の責任を考える


by 1910822

<   2010年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧



リンク
植民地支配の歴史

 100年前の1910年8月22日、「帝国」日本が大韓帝国を強制「併合」した。すでに外交権を奪い軍隊を解散させての占領下でこの22日に条約を「締結」し29日に天皇陸仁の名により公表、告知した。

全文は上記リンクへ。
[PR]
by 1910822 | 2010-08-09 09:07
by 1910822 | 2010-08-09 06:16
成均館大学の恵化駅を隔てて反対側です。
2009年08月05日
“昔の情緒が懐かしい時 町内路地を歩いてみます”
鍾路区,16ヶ観光コース開発 事前踏査旅行


 うだるような暑さのせいか路地には人の姿がほとんど見られなかった。31日午後2時頃、ソウル,鍾路区,梨花洞のタルトンネ道は時間が止まったように1970~80年代の佇まいをそっくり残していた。

 以下全文はリンク先にアクセスをしてください。

 『ハンギョレ新聞』原文のサイト
[PR]
by 1910822 | 2010-08-09 06:03

<統監官邸, 忘れられた庚戌国恥の現場>イ・スンウ著/ハヌルジェ・1万5千ウォン

1899年4月、ソウルの新門(敦義門・西大門)から東大門外の清涼里まで電車が開通した。当時‘電気鉄道’‘電気車(チョンギゴ)’‘電車(チョンゴ)’とも表現した電車は朝鮮人に驚くべき近代の文物だった。


全文はハンギョレ・サランバンのサイトへアクセスしてください
[PR]
by 1910822 | 2010-08-09 01:44

009年08月22日
僅か100年, 歴史がまるごと消える
日帝と独裁を記憶する南山の歴史現場,開発計画で壊さずに平和公園造成を[ハンギョレ21 2009.08.21第774号]


◆イ・テヒ
原サイトの画像キャプション
←安全企画部が内谷洞(ネゴクトン)に移った直後の1995年の南山安全企画部本部(左側)。 庚戌国辱直前に建てられた統監官邸(円内)ここが庚戌国辱の現場だ。写真左側からハンギョレ キム・ジョンス記者・ <ソウル行政社>

今そこはベンチがいくつかぽつんと置かれた芝生だ。一時、そこはセメント底のバスケットボール場だった。一世紀前、そこは朝鮮を治めた日本統監の宿舎である統監官邸だった。
続きを読む

貼付けはここまで、全文は上記リンクサイトへアクセスしてください。
[PR]
by 1910822 | 2010-08-08 07:21